庭の印象が様変わり|砂利を敷くとバリエーションが広がる

園芸

危険な作業も安全に行なう

ウーマン

高くなりすぎた木を伐採するために空師と呼ばれる仕事があります。持っている庭や森に高すぎて困っている木があるなら空師に伐採を依頼しましょう。千葉の空師なら高い木でも周囲の安全をしっかりと確保して伐採作業を行なうため安心です。伐採作業だけではなく、切り落とした枝や葉の処理まで全て行なってもらえます。千葉で伐採を行なうときには、空師が命綱をつけてチェーンソーを使って行なうこともありますが、それが困難な場所や高さの場合はクレーンを用いて行ないます。クレーンは自宅で所有しているという人はなかなかいません。しかし、プロなら十分な車や機材をちゃんと準備しているので、難しい処理さえも簡単に依頼できるのです。

伐採をする時期は木の種類によって適した時期が違います。例えば落葉樹なら冬から春にかけての季節がよく、常緑樹なら夏頃や秋頃が適しています。木によって葉がついている季節が異なるため、伐採のしやすさにも違いが出るのです。適した季節がいつなのか分からない場合は、業者の人に自宅にある木の種類を伝えることでいつ伐採を行なうか千葉の業者に相談することが可能です。しかし、木を伐採するのに適した時期というのは予約も混みあうことがあるため、なるべく早めに予約を入れるようにしましょう。そうすることで一番良い時期に伐採が行なえますし、早めの予約は料金もお得になることがあります。千葉では伐採した後の木はそのまま処分するのではなく、家具や小物などへ再利用されます。