庭の印象が様変わり|砂利を敷くとバリエーションが広がる

園芸

事故を未然に防ぐ

土とスコップ

庭にはその家に住む前から生えていたという大きな木があるという人もいるでしょう。ある程度の大きさなら自分で手入れすることも可能ですが、大きくなりすぎた木は手入れもしにくく道路に枝が張り出してしまう場合もあります。そうすると見た目も美しくありませんし、通行の邪魔になってしまうため伐採や抜根が必要です。大きな木の手入れは個人で行なうには困難なので業者に依頼しましょう。枝が伸びている程度なら伐採で済ませることができますが、成長が進むにつれて木自身の重さが支えられなくなり傾いてくることもあります。大きく傾いた木の場合は強い台風が来たときに倒れてしまう危険性があるので、そうなる前に抜根するのが安全です。
大きな木はそれだけ根も広く深く張っているため抜根するには大変な労力が必要になります。特に大きな木になると重機を使用しての抜根になるため一口に抜根と言ってもその方法は場合によって変わります。どういった処置が必要なのか、重機を使うのか使わないのか木を見て判断しますし、庭や道路が狭く重機が入れない場所では大きな木の場合でも人力で抜根することになります。方法の違いによって業者に依頼する費用も大きく変わり一概に料金を割り出すことは難しいため、依頼のときには事前に現地を見てもらい見積もりを行ないましょう。庭に巨木が生えている場合、危険そうだと思っていても代々守ってきた木だからとためらう人もいますが、巨木の場合は一般の木とは異なりしっかりとお清めをして敬意を払った抜根を行なうため大切に扱われます。